豆の木だより

2014年10月 3日 金曜日

日本内科学会へ参加しました。

9月21日に

国立京都国際会館で行われた


『日本内科学会生涯教育講演会』

に参加しました。

講演内容は

1.Helicobacter pylori(Hp)感染胃炎の自然史理解に
  基づく胃がん診療

2.自己免疫性膵炎からみたIgG4関連疾患の概念

3.糖尿病の診断と治療最前線

4.治療抵抗性高血圧症の診断と治療最前線

5.頭痛の病態生理と治療

6.多発性硬化症の病態研究と治療の進歩

7.抗リン脂質抗体症候群の検査と治療

8.関節リウマチの診断と治療~Up to date~

9.高齢者救急診療のピットフォール


以上のような盛り沢山の内容で、大変勉強になりました。

翌日は、ケーブルカー、ロープウェーと乗り継いで、

比叡山の延暦寺に登ってきました。

1000mを超す山中に建立された多数の寺院は、

山のひんやりとした空気の中で荘厳な雰囲気に

満ちていました。

中には1000年を超す国宝の伽藍や仏像もあり、

歴史の重みを感じました。

延暦寺の教えの根本は

『個々が思いやりの心をもって一隅を照らす人になる』

ということだそうです。

これは、

『一人一人が相手の立場に立って考え、

自分の出来ることを精一杯行うことが、

周りを良くすることにつながる』


ということだそうです。

心掛けたいと思いました。


院長 吉原



投稿者 豆の木クリニック