豆の木だより

2015年3月11日 水曜日

第33回沖縄県人工透析研究会で発表しました

こんにちは。本日は寒いですね〜wobbly

先日の日曜日(3月8日)に、
宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで
「第33回沖縄県人工透析研究会」が開催されました。


こちらは沖縄県の透析関係者が一同に集まる研究会で、
当院からも3題の演題発表を行いましたscissors
また、技士長は1時間のセッションの座長を勤めましたsun

「HDとon-lineHDFの比較 〜除去率の変化〜」(臨床工学技士)

「酸化水使用による皮膚トラブルの改善」(看護師)

「当院における業務改善の取り組み 〜投薬業務からの気づき〜」(看護師)


3人とも、堂々と発表していました!!!
写真がないのが残念ですsweat01
年1回、研究発表をおこなう事で、日々の業務や透析・治療の効果を客観的に振り返る事ができます。
当院の治療三本柱に基づき、これからもより良い医療の提供に努めたいと思います。

豆の木クリニック医療の三本柱
 1.安全透析
 2.全身管理
 3.居心地の良い透析室


こちらは、研究会後の「おつかれさま会」の様子です。
発表者は、やっと緊張が解けましたhappy02
応援団も、同様に緊張していました(笑)
白衣姿以外の服装だと、みなさん雰囲気が変わりますね!
おつかれさまでした。



管理栄養士 石垣



投稿者 豆の木クリニック